秀吉ゆかりの「食べ物」

豊臣秀吉は「美食家」ともいわれているが、その側面で「田舎料理」も好んだともされる。
また、信長の影響から茶の湯をはじめ、その後、秀吉は茶会をたびたび開催した。 その中でも、1587年に北野天満宮で開かれた「北野大茶会」は最も盛大であり、 この茶会に献上された菓子が、「秀吉ゆかりの名物菓子」として数多く存在している。
北野大茶会は、上下関係なく、広く人を集めて開催されたもので、 秀吉も会場内を見て回ったというから、庶民の作った菓子が目に止まる機会があったのだろう。

活気にあふれ、賑やかに人々が行き交う中、秀吉と庶民が触れ合う場面が目に浮かぶ。
 
 
【秀吉が好んだ全国各地の名物】

【割り粥
(米粒を臼で割り、
お粥にしたもの)】

高野山

豊臣秀吉が母の菩提を弔うために高野山を訪れた時のこと。
秀吉は割粥が食べたくなり、割粥を作るよう住職に命じた。
ところが、高野山にはお米がなく、米臼もない。 そこで住職は、すぐに米を調達し、僧を総動員して米粒を包丁で二つに切り、これを粥にして献上した。
秀吉は大いに喜んだが、待っている間「高野山には臼がない」と聞かされていた秀吉は不思議に思って 「どのようにしてこの粥を作ったのか」と住職に尋ねた。
住職が事情を話すと、秀吉は次のように答えたという。
「望んだ通りになったが、臼が無いのなら、わざわざ割粥にしなくてもよい。 包丁で米を一粒一粒切るのは贅沢すぎる。それは無駄な贅沢というものだ」
そう言って、住職を叱ったという。

引用:太閤秀吉『落栗物語』(『百家随筆』活字版)


【加茂みたらし団子】
京都/下賀茂神社
下賀茂神社の門前菓子。
秀吉が開いた「北野大茶会」で献上されたといわれる。

【真盛豆
(しんせいまめ)】

京都
「北野大茶会」に献上され、秀吉はこれを食し、”茶味に適す”と賞賛したという。

【長五郎餅】
京都/北野天満宮
北野大茶会で献上、秀吉に大変気に入られ、 本人の名前を取り、「以後『長五郎餅』と名乗るべし」と命名されたという。

【鶯餅】
奈良
弟、秀長が、秀吉を招いて茶会を開いたときのこと。
その茶会で献された餅が秀吉に気に入られ、“青大豆を使ったきなこ”の色から「鶯餅」と命名したとされる。

【平野酒】
大阪市平野区
「醍醐の花見」で献上され、秀吉が飲んだといわれる酒。

【守口漬】
岐阜県岐阜市
秀吉が築城したばかりの大阪城と京を往還した折に、
守口村で休息をとり、庄屋・源兵衛が家伝の長大根の香の物を献上したところ、 秀吉はその風味を大いに賞賛して「守口漬」と命名したという伝承が残っている。
そして、秀吉により「茶の湯」とともに、その名が広まっていったという。

【蕎麦がき】
秀吉が小田原攻略の折に、諸大名が「蕎麦がき」でもてなされたと言う記録が残っている。
蕎麦がきは、そば粉をお湯で練った食べ物であり、麺ではなく団子のようにして食べていたよう。

【天野酒】
大阪府河内長野市
秀吉が愛飲していたといわれる名酒。
「良酒醸造に専念するように」と秀吉が命じるほど好んでいたとされ、その文書が今も金剛寺宝物館に残っている。

 


         
         



 
戦国武将シリーズ
「豊臣秀吉」


飯田人形オリジナル
豊臣秀吉の鎧・兜


飯田人形の鎧・兜は、屏風はもちろん、
刀や槍などの小物をこだわって選び、
組み立てています。
ぜひオリジナルの美しい揃えをご覧下さい。




※「先着優先」「店舗販売優先」とさせて頂いております、一品物の商品など品切れとなっている可能性がある事をご了承下さい。
※お人形様の色味はご覧頂いているモニターの状況・お部屋の照明などによって変化している様に感じられる事が御座います。
※商品は手工業での製造の為、若干のサイズ・形状など一点ものの商品以外は予告無く変更の可能性がございます。
本格雛人形販売 飯田人形
〒438-0086 静岡県磐田市見付3054-1
TEL.0538-32-2861  営業時間/[11月~5月3日まで]期間中無休(AM10:00~PM6:00) [5月4日~10月]営業日:月曜・土曜(AM10:00~PM4:00)
最新ひな人形・木目込み雛人形・つるし雛販売 高級雛人形専門店飯田人形。静岡県磐田市にある雛人形専門店「飯田人形」。掛川、袋井、磐田、浜松など静岡県西部ジュビロ磐田のお膝元。木目込み人形、衣裳着のお雛様・三段飾りなどこだわりのお雛さまばかり。手作りで世界に二つとない希少価値の高いひな人形・木目込み雛もご用意。
Copyright (c) 静岡県磐田市の雛人形・つるし雛販売 飯田人形, All rights reserved. ※当ホームページで掲載している写真、文章は、有限会社飯田人形によるもので、著作権により、無断の複製・転写・転用などの使用は硬く禁じます。
飯田人形TOP
■雛人形
かわいい木目込みのおひなさま
鈴木賢一の最高級雛人形
高級本格・衣裳着の雛人形
森みきこ絵画 おひなさま
■つるし雛
「正絹古布」使用 高級つるし雛
つるし雛
■五月人形
鎧飾り
兜飾り
こいのぼり
室内用鯉のぼり
男の子用つるし雛
人形作家喜久絵の木目込み実演会
おひなまつりパーティー
端午の節句パーティー
法多山 厄除け参り
幸せのつるしびな写真展
戦国武将「豊臣秀吉」
戦国武将「徳川家康」
飯田人形オンラインショップ
わたしたちのひな人形
鯉のぼり選び方哲学
飯田人形へのアクセス
ご利用案内・永年保障
よくあるご質問