特選商品
限定五月人形の販売



 
徳川家康の「家紋」

家康の家紋は「三つ葉葵」、水戸黄門でおなじみの紋だ。
葵という植物の葉っぱをモチーフにした紋。
賀茂祭で用いられた葵は、神聖な植物として扱われてきた。
家康がこの紋を徳川家の家紋にしたのもうなずける。
もとは上賀茂神社の神紋であった葵を家紋にしたのは、家康が新田源氏の流れを汲む加茂神社の氏子として武家源流の威厳を証したかったからだといわれている。
家康が使用するようになってから、葵の紋は厳格な紋として厳重に使用が制限されるようになった。
 
徳川にまつわる「紋」

水戸黄門に登場するあの有名な紋は、言わずと知れた徳川家康の象徴「三つ葉葵」。
三つ葉葵が徳川家の紋として使用されるまで、その原型ともなった紋から徳川家の出身や歴史を紐解く。


 
[二葉葵―ふたばあおい]

植物の「フタバアオイ」をモチーフにした紋で、徳川家が使用した「三つ葉葵」の原型。
「フタバアオイ」の葉は二つで、二葉葵はこれをモチーフにしている。
二葉葵は賀茂氏の象徴で、葵紋は上賀茂神社の神紋として使用されていた。
賀茂明神信仰にゆかりの深い植物を図案化して作られた家紋が「二葉葵」だ。
ちなみに植物の「フタバアオイ」の別名を「カモアオイ」とも言い、賀茂祭には必ずこのフタバアオイを用いたことからこの祭の別名を「二葉祭」とも言う。


 
[一つ引両―ひとつひきりょう]

徳川の先祖と言われている新田家の家紋。
竹谷松平家が使用していたことから現在の愛知県蒲郡市の市章にも採用されている。
「竹谷松平家」だけが使用していたと言われている。以前から葵の御紋を使ってきた家臣に
「殿は新田源氏なのだから、大中黒を使った方がいいのではないか」と言われ、葵紋の使用を許可したとの話が残されている。
この話から、大中黒の紋を使うのをためらったとされていて、この紋はなかば封印状態であったという説もあるが、松平氏に婿入りしたためにあえて新田の家紋を使わなかったのであろうとも言われている。


 
[大中黒―おおなかぐろ]

一つ引両の変形。
一つ引両の紋を持つ新田氏が、二つ引両の足利に敗れた際に「一匹の竜である新田は二匹の竜の足利に挟み撃ちにされて敗れた」という俗説を嫌って、中央の線を太くして出来たのが「大中黒」の紋であるとされている。


 
[三つ葉葵―みつばあおい]

二葉葵の変形紋。「丸に三つ葵」とも言う。俗に言う「徳川葵」。
徳川御三家では同じ「丸に三つ葵」を使用しているが、葉脈や芯の数など、細部に微妙な違いが見られる。
植物のフタバアオイには三つ葉のものは非常にまれで、三つ葉葵は架空のもの。
上賀茂神社の神紋であった葵を正式な家紋としたことから、上賀茂神社の出身であったと言われる。
家康は威厳を知らしめるために、三つ葉葵に限らず「葵」を使用した紋の他家での使用を厳しく禁じた。


 


         
         



 
戦国武将シリーズ
「徳川家康」


飯田人形オリジナル
徳川家康の鎧・兜


飯田人形の鎧・兜は、屏風はもちろん、
刀や槍などの小物をこだわって選び、
組み立てています。
ぜひオリジナルの美しい揃えをご覧下さい。




※「先着優先」「店舗販売優先」とさせて頂いております、一品物の商品など品切れとなっている可能性がある事をご了承下さい。
※お人形様の色味はご覧頂いているモニターの状況・お部屋の照明などによって変化している様に感じられる事が御座います。
※商品は手工業での製造の為、若干のサイズ・形状など一点ものの商品以外は予告無く変更の可能性がございます。

静岡県磐田市(浜松市・袋井市・掛川市)アパート・マンション・ベランダ用・庭用に最適。簡単取り付けママも安心コンパクトこいのぼりセットの販売・通販 スタンド・ポール必要な物一式が全て揃った飯田人形厳選鯉のぼりセット 安心価格